カンパリと映画

レッドパッション、創造性およびイマジネーションの結びつきが生み出す究極の魔法


Homeカンパリと映画

1860年の創業以来、カンパリは創造性の限界を新たなレベルへと高め、さまざまな創作分野にいる芸術家の情熱と才能を解き放ってきました。

カンパリと映画の関係は毎年成功を収めており、それが現在にも続いています。
フェリーニからソレンティーノまで、国際的な巨匠から新進気鋭の才能まで、全世界の映画フェスティバルを通じて、映画の世界は、新しい、興味深い言語を駆使してカンパリのレッドパッションを表現する方法をいつも提示してきました。
というのも、カンパリのある場所にはいつも、視線、出会い、好奇心、謎といった隠された物語があるからです。
まるで映画のなかの世界のように。

レッドダイアリーズ

エンタリング レッド

マッテオ・ガローネが監督し、魅力的なアナ・デ・アルマスが主役を演じた2019年のレッドダイアリーズでは、好奇心と鋭い感性に導かれた、波瀾万丈の旅に出る主人公を追いかけます。
レッドに入ったとき、彼女になにが起こるのでしょうか?

レジェンド オブ レッドハンド

映画業界の大物とカンパリとの関係は続き、2018年にはレッドダイアリーズの新作が発表されました。

ステファノ・ソッリマが監督に起用され、あらゆる偉大なカクテルには物語が宿っているというアイデアが作品に反映されました。

レジェンド オブ レッドハンドはどのような要素で構成されていたのでしょう? 無限にあるチャンス、謎の人物、ミステリアスな赤の手袋が物語のカギを握っていました。

キラー イン レッド

2017年には、オスカー受賞者のパオロ・ソレンティーノが、クライヴ・オーウェンを主役にした、この魅力的なノワールフィルムの脚本と監督を担当しました。
バーテンダーのフロイドの役を演じるクライヴ・オーウェンは、カクテルのキラー イン レッドにまつわる話を紹介します。
このフィルムを最初にして、カンパリカレンダーを映画的に進化させたレッドダイアリーズがスタートしました。

映画フェスティバル

カンヌ映画祭

創業以来、カンパリは映画の限界を新たなレベルへと引き上げてきました。カンヌ映画祭との公式パートナーシップは、映画世界の既存のレガシーに対するカンパリの絶えざる敬意、ならびに他の人々の創造性、個性およびレッドパッションを解き放とうとするカンパリの真摯かつ終わることのない探求を示しています。

ヴェネツィア映画祭

時間を越えた物語

カンパリは4年連続してヴェネツィア国際映画祭のメインスポンサーを務めました。情熱と創造性がイベント全体の共通のテーマとなっているなか、カンパリは、映画界ですでに確固たる地位を築いている才能と若手の人々との対話を目的とした一連のイニシアティヴを企画し、さらにフェスティバルのもっとも重要なイベントのいくつかにも名を連ねました。このような活動の頂点となったのは、ドキュメンタリーとショートフィルムが初めて一般の人々の公開された、9月7日の「Global Premiere of Campari Red Diaries 2021」でした。さらに、カンパリは公式の「Campari Passion for Film Award」を復活させ、監督と密接に連携して作業をしてきた人々の貢献を讃えました。

ニューヨーク映画祭

過去3年にわたって、カンパリは、この都市の内外における映画の現状を知らせる業界の中心的なイベント、ニューヨーク映画祭で、独占スピリットスポンサーとオープニングデイ出席スポンサーを務めました。このアイコニックなフェスティバルに対するカンパリの継続的な支援は、映画業界そのもの、映画業界のクリエイターおよびレッドパッションを擁護しようとする、このブランドの継続的な取り組みを示しています。2021年、カンパリは、イノベーティブなドキュメンタリーフィルムである「フェリーニ フォワード」の北米向けプレミアをスペシャルパートナープレゼンテーションとして行い、フェスティバルへの支援をさらに強化しました。

ロカルノ映画祭

カンパリは、第74回ロカルノ映画祭の公式スポンサーとなりました。イベントの期間中、映画界での素晴らしいキャリアを讃えるために、「Davide Campari Excellence Award(ダヴィデ・カンパリ優秀賞)」がレティシア・カスタに贈られました。映画祭の期間、カンパリは「フェリーニ フォワード」の制作過程を追いかけたスイスの映画学生、エティエンヌ・デル・ビアージョ(Etienne del Biaggio)の作品を、アイコニックなレッドキューブで公開しました。

メルボルン映画祭

カンパリは、メルボルン国際映画祭(MIFF)アクセルレーターアルムナイである、現地の新進気鋭の映画作家、ララ・コセと共同で制作した短編フィルム「カンパリ レッドパッション」を含む、優れた映画を公開しました。カンパリはさらに、MIFF公認クロージングナイトフィルムも公開しました。この映画は、MIFFのデジタルプラットフォームであるMIFF Playを通じて、オーストラリア全土に配信されました。メルボルンのアイコニックなチャプターハウスを特設会場としたカンパリ シネマクラブでは、映画祭の前半を通じて公式のイベントが開催されました。この会場ではMIFFのお祭り好きな人々が2021年映画祭の公式カクテルとなっていたネグローニやカンパリソーダを楽しみました。

ヴィエンナーレ

3回続けて、カンパリは世界で最も古い映画祭の1つであるオーストリア映画祭のパートナーを務めました。フェスティバルの公式スポンサーであったカンパリは、全世界からやって来た映画の目利きたちをもてなし、人々は公式記者会見と映画公開のあとにカンパリカクテルを楽しみました。

{[ translations.title]}
{[ defaultTranslations.selectLabel ]}
{[ currentCountry?.name ]}
International flagInternational
United States flagUnited States
Italy flagItaly
Germany flagGermany
France flagFrance
Spain flagSpain
Netherlands flagNetherlands
Brazil flagBrazil
Belgium flagBelgium
Japan flagJapan
United Kingdom flagUnited Kingdom
{[ translations.errors.invalidDate ]}
{[ translations.errors.invalidDate ]}
{[ translations.errors.invalidAge ]}
{[ translations.errors.invalidDate ]}
{[ translations.errors.invalidAge ]}
{[ translations.locationMessage ]}
Where are you?
SUBSCRIBE
TO CAMPARI NEWSLETTER