2012年 世界の終わりだぜ、ベイビー

昔々、1つの世界がありました。まるでSF小説の書き出しのようですが、そうではありません!古代マヤ文明の予言によると、12月21日は世界が終わる日だそうです。ならば、未来を心配して何になるのでしょう?こんなとき、するべきことはただ1つ。心に、情熱に、人生に、熱望を絶やさないこと。一瞬一瞬を力強く生き、日々の美しさを受け入れること。そしてそれを賞賛する気持ちに転化させること。そう、フォトグラファーのディミトリ・ダニロフが美しきミラ・ジョボビッチに対して行ったように。「世界の終わりだぜ、ベイビー」と題した2012年のカンパリ・カレンダーは、私たちが知る世界は12月21日に終焉を迎えるというあの予言をとりまく騒動からインスピレーションを得ました。この「憂鬱な」空想に対するカンパリの答えは、先ほど提案したような楽しいセオリーに前向きに元気よく目を向け、力強く圧倒的な写真で視覚的にそのセオリーを表現することでした。シナリオは、現代的な映画撮影術や神話、聖書からヒントを得たもので、これらをベースに、印象的な砂漠化やハリケーンからエイリアンの侵略や隕石の飛来まで、人々を引き付けるさまざまな出来事を追い、見る人をまったく新しいビジュアルの旅へと連れ出します―カンパリで人生に乾杯しながら。

2012 2012
January January
February February
March March
April April
May May
June June
July July
August August
September September
October October
November November
December December